スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
鎖国ができたのは・・
だいぶ前の話でいまさら感たっぷりですが、細木数子が「日本は銃を放棄して鎖国した平和的な国だ」というようなことを言ってました。

江戸時代に鎖国に入る前の日本が世界有数の銃保有数を誇り、世界の3分の1だったか3分の2だったか・・・なはず(確かな割合は忘れましたが)。

それだけの銃を保有していながら鎖国した、銃社会になる道を捨てて鎖国したというのが大先生の言いようでした。

鎖国政策を選択した理由は一つではなくてきっといろいろあったのだと思いますが、銃社会にならないように鎖国したなんて理由で一本化するには弱すぎると思いませんか?
実際銃を持ってた人たちもいたわけですし。

逆説的ですが鎖国に踏み切れたのは世界有数の鉄砲保有国だったからだと思っています。
(というかそう思っているのは私だけでないと思いますが)

当時の最新兵器を世界一多く所有し、戦乱の真っ只中で生きてきた武士がまだわんさかいる国が「鎖国するからもう来るな」と言ったから引いたわけで、そうでなかったら侵略戦争を仕掛けられたにちがいありません。
日本での布教による宗教政策もまだ道半ばだったのでしょう。

あるいは島国が鎖国することによって生じる弊害を見越した賢い人もいて、「しばらくほっとけや」と思ったのかもしれませんが。

銃社会になることを避けるための平和的な策として鎖国したのではなくて、むしろ軍事的な脅威があるゆえに鎖国できたと、私も専門化ではないですが鎖国できた理由の一つとしては間違っていないと思います。

で、思い出したのが安倍内閣誕生直後に調子ぶっこいた政治家センセイたちが「核保有の議論はすべき」だとかなんとか発言してたこと。

「武器持ってりゃ攻められない・攻めにくい」という発想は100%間違いとは言い切れないと思いますが(持ってるから攻められるという理屈もありだと思います)、武器を保有する以外に国を守る努力もしてくれよと思わずにはいられません。
(だいいち火縄銃と核兵器はリスクが違いすぎるし、北朝鮮の核保有・開発を責められるの?って気にもなります。)

その前にもっと外交努力でなんとかする方向を考えてくれよと。

北朝鮮との交渉中、むこうの高官は
「あなたは失敗しても更迭で済むかもしれないが、私は命がかかってる」
と言ったそうです。

これも前にも書いたような気がしますが、スイスが中立国でいられるのはスイスの銀行が凍結したら困る人が、それも力のある人が世界中にたくさんいるから。
そう思うと三角合併の解禁で海外の投資家や富豪にとって魅力的なマーケットになることも、平和と天秤にかけた時にはありかなと思ったりもします。

日本メイドのもので世界で今いちばん熱いものといえば鮨ではなくてジャパニメーションに違いないでしょう。
キャラクター商品の売上だか販売数だかも、ディズニーのキャラクターを抜いてドラえもんやポケモンが人気だと聞きます。

では「日本が戦争に入ったら日本のアニメや漫画が見られなくなる」というふうに世界の人に危機感を持ってもらって・・・・・
と思いましたが韓国にアニメ製作は取られそうですし、中国でニセモノのキャラクターグッズがあれだけ売られていると難しいかもしれません。

麻生さんは漫画の賞なんか作って世界中から応募を集めてましたが、それよりもアニメ製作に関わる人たちの労働条件をなんとかしてやれよと思ったりしています。
アニメの製作費用が安いのは今は亡き巨匠が金銭にうとくて安く引き受けちゃったからだと聞いてますが、おタクの星・麻生さんがこの問題を解決するべく取り組んだらさらに人気が出ると思います。

戦後教育を受けた身としては自分のいる国が平和なのは当たり前のように思っていて、日本はこれからもずっと戦争をしないだろうと安心しきっていました。
ところが戦後60年やそこらで核保有の議論をすべきだとか九条改正なんて出てくるんですから、100年後にはどうなっているか分からないと思えてきました。

「喉元過ぎれば」にならないといいんですが。
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/10/03 21:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シンプルに言わせてもらいます | ホーム | もしも私がハンカチ王子は無理だと言ったら>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://unofficial.blog27.fc2.com/tb.php/67-d8744c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。