FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
脅威の人 小沢氏
郵政選挙と言われた選挙で自民党が圧勝して訳の分からないニイチャンまで当選してしまったので、多少その揺り戻しがあるのは当然。

安倍はアホだし小泉時代の悪法への反発で今度は大敗してしまった訳で、民主党支持が増えたというより自民への反発票が流れただけなのだけど。
だけれど、私的に俄然株を上げたのが民主党の小沢一郎。

何がすごいってこの人、選挙の開票日にTVに出なかったこと。

体調不良ということだったけれど、民主党の当確が次々発表されて自民党大敗となった時に、報道陣は安倍よりも小沢の声をとりたかったに違いない。

でも姿を見せなくて、全国に安倍の情けない負けっ面が延々と流された。
説得力がないつまらない話をしているだけで、「この人はやっぱり総理の器じゃない」と誰もが思ったはずなのだ。

自民党への怒りはあるものの、小沢も管も鳩山も嫌いだという人だって多い。
そこで嬉しそうな顔してTVの前に立たなかったのは、本当に体調不良だったのだろうか。

プロモーション戦略としてできすぎていると思った。

海外の要人が安倍でなくこの人に会いに来るのも納得です。

昔から自分が表に出ないのをのを好む人ようだけれど、残念ながら今の民主党には操りやすくて毛並みの良い人がいない模様。
細川護熙は2人いなかった。

きっと今喉から手が出るほど欲しいのは"うまいこと使える馬鹿"。

自分が総理をやる体力がないのは本当みたいだし、管も鳩山も人気がない。
前原もあっさり脱落。

永田町では血筋がものをいうかもしれないけど、安倍・小泉のような三世議員の坊ちゃんぶりに国民があきれているから、どの程度の血筋を求めるかも難しい。

血筋ったって国会議員の場合、どこぞの殿様みたいな江戸時代からの人は少なくて、せいぜい3世なんだけどね。

スポンサーサイト

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

【2007/09/17 15:57】 | ご政道批判 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カンタンに言うな!快楽・解放編 | ホーム | 安倍辞任以後>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://unofficial.blog27.fc2.com/tb.php/64-176c4971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。