スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
子供を産みたくない?
私はある理由で出産が困難です。

小さな会社の経営者で産休なんか全然無理な状態だからとか開業資金を借りた分がまだ全然返せていないからとか、家庭生活に向かない男にひっかかってしまったからとか、婦人科の病気をしたことがあるからとかは別にしても、困難なのです。

カンタンにいってしまうと昔のケガが原因です。

今のところ子宮や卵巣はなんとか正常に機能しているようなので妊娠は可能かもしれませんが、出産となるとそれなりの医療機関で出産に専念して介護もしてもらう必要があります。
出産後も当分はリハビリが必要になるでしょうけれど、その後普通に歩いて生活できるかどうか、子育てができるかどうかは全く未知数です。

お金と人手(周りの協力)が必要で、仕事や主婦業はすべて放棄しなければなりません。

今は普通の生活ができるようになったのでケガのことを知らない人にケガの後遺症のことやポーツができないことなどを説明するのはけっこう面倒だったりします。

面倒ですし説明されたほうもリアクションに困るでしょうから、何か理由をつけてはぐらかすことを選択したりもします。

まぁ説明しないことによって何か不都合があるならそれは私が悪いのでいいのですが、こと出産に関することになると一方的に

お前は子供を産んで育てようという気がない。
人間としておかしい。
人として大切なものが欠けている。


と決め付けられます。

そこまで言われて「実は私はこういう理由で・・・」と話したらその場はどうなるでしょうか。
そういう発言をした人の居場所がなくなってしまうか、「何やかやと理由をつけて、本当は産みたくないんだろう!」とさらに責められるかのどちらかでしょう。


私のような事情に限らず、出産したくても何らかの事情でできない人はたくさんいます。

自分の体の事情という人もいれば、経済的な事情などまわりを取り巻く環境が理由の人もいます。
実際男性の収入も精神年齢も下がりまくっている昨今、結婚や出産に踏み切れない女性はゴマンといるのです。


ところがなぜかこの国は「子供を産む」ということに関しては事情も聞かずに勝手に「子供を産みたいと思っているか否か」を決め付けて批難していいことになっています。

私の場合「人としておかしい。欠陥だ」と言われても、そういう発言を撒き散らす人のほうが欠陥有りだと思うので、不愉快ではありますがたいして傷付きはしません。
こういう人に育てられる息子も娘も気の毒だと思いますし。

でもこれがもし子宮を摘出しなければならないような病気をして子供が産めないというような状況だったら、ものすごく傷つくだろうと思います。

仕事は好きですが好きなことを仕事にするための苦労や努力はしていますし、それでやっていくため、心地よく取引をしていくための工夫もしています。
そもそも資産家令嬢ではないので、仕事をしないと食べていけません。
もし仕事をしなくても食べていけるのなら、仕事はしていないかもしれません。

仕事が好きな女、実際は仕事に没頭せざるを得ない女性だったりするのですが、みんな子供を産みたがらない母性のカケラもない身勝手な女と決め付ける人が確実に存在するんですね。

そういう人結婚するイコール子供を産むのが当然、今すぐにでも子供を産むつもりでいるはず、という認識も併せ持っているから厄介です。

既婚で子供を持ちたくない友人はその決めつけに悩まされていて、本当は子供がすごく好きな私には理解できない部分もあるのだけど、そういう決め付けとプレッシャーで苦しんでいるのは理解できます。

私は子供がものすごく好きで、親族の子供たちのおむつは一通り替えたし、子供の扱いが手慣れていると子供のいる友達に驚かれることもよくあります。

周りに子供のいない環境で育った友人が「うちの子こうなの、大丈夫かしら」と真剣に悩んでいるのを見て、「へっ?それって子供なら普通じゃなく???」と(他人の気軽さを抜きにしても)思うこともあったり。

「双子ちゃんがほしぃのぉ~」なんて女子高生のノリで子供が好きとか欲しいではなくて、ある程度子供を育てる大変さは分かっているし、子供の生態(?)もまぁ子供のいない身にしては分かっているつもりなんですが。

このまま子供を産めないとして残念なことはいくつかありますが、今痛感しているのはパートナーに「俺も父親だ。これから俺の収入だけでやっていかなきゃ」という気持ちを持たせてあげられないことでしょうか。

そんな私の考えなど全く知らず、私のパートナーは自由気まま。
まるで子供のようです。

スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/06/19 21:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<露出度の高い服装の是非 | ホーム | したたか過ぎる女の事件簿>>
コメント
すごいのみつけましたよ♪
http://jeeee.net/url/13750.html
【2007/06/19 21:48】 URL | なつき #-[ 編集] | page top↑
「女性は産む機械だ」とか言うオッサンが未だにのうのうと大臣に居座り続ける国ですからね。

まぁ、選べる人や党が無いと言って選挙にすら行かない人が多い国民側にも大いに問題がありますが、この二つは鶏が先か卵が先かの議論になってしまいますので。。。

出産に関しては如実に顕れていますが、それ以外でも「こうするのが当たり前」的な風潮で物事を見る傾向が強いですよね。人それぞれの多様性やいろんな趣向があって良いのに、丸で犯罪者かのような目で見たり、それの同調を周りに求める様子にはうんざりする事が多いです。
【2007/06/22 12:34】 URL | 曲者 #kHc7.o4M[ 編集] | page top↑
曲者さんコメントのお返事が遅くなってすいませんでした。
昨日まで期限の差し迫った仕事で、瀕死の状態でした。

「こうするのが当たり前」というのを他人に強制されてしまうと、本来そうしたいと思っていることでもやりたくなくなるものですよね。
「今の若い人はこらえ性がない」なんてよく聞きますけど、年配の人が"こうあって当たり前"を押し付けたり、努力しても当然という態度をとられたりするから、若い人がつらくなって反発してしまうということも多々あると思います。
出産に関する話題も内容によってはセクハラな訳ですが、そういう意識のない人もまだけっこういますし・・・

若い人が子供を産みたがらない・子育てがヘタだと決め付けて周囲があれこれ言い過ぎるから逆効果になっている気がします。

【2007/06/23 19:23】 URL | バッカス #n5e.SayY[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://unofficial.blog27.fc2.com/tb.php/38-07d10cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。