スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
年金問題 何をすべきか
官房長官が年金問題について「何をすべきかを考える」ことが先決で最重要、というようなことを言っていた。

企業不祥事なら原因究明や報告書の作成、改善策の提示も必要なんだが。

たしかできるできないを云々するのではなく、「何ができるか考える」のが重要、というような話の流れだったように記憶している。

責任問題うんぬんするとまずい人たちや長引くと選挙で苦労する人がいるから「何をすべきか考える」ことが大切だと言って収束をはかりたいんでしょうね。

でも、この発言。
5000万件を1年だか1年半だかで照合すると言った後です。

ちゃんと「何をすべきか考え」たら1年半でやるとかできるとか言えませんから。

その姿勢に腹が立つのよ。

システム開発費に10億かけるそうですが、おおがかりなシステムは構築だけで1年かかるのもザラ。
手作業で照会すると言っているけど、1年で5000万件だと1日ノルマは14万件ですよ。
もちろんこれは日曜も祝日も年末年始休業も省いた数字。

普通の企業なら不祥事の場合の原因究明・新しい仕組みの導入にかかる費用は自分たちが稼いだお金から出します。

そこんとこもよく考えてね♪
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2007/06/11 20:16】 | ご政道批判 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<何のための年金? | ホーム | どうせその程度>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://unofficial.blog27.fc2.com/tb.php/32-e69482e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。