スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
高橋大輔は面白い 2
(続きです)

自国の選手というひいき目を抜きにしても素晴らしい選手でオーラもあるのに、なかなかソツのないカッコ良さとか、運も引き寄せるような強さを見せてくれないのがこの人。
(強運と思われる部分もあるけれど、そういうイメージがあまりないんですよね。)

この人を応援している人も尊敬と憧れで眩しく眺めるというより、同級生や後輩を見るような感じで、同じ高さか上から「頑張れよ」的に見ている人も多いのではないでしょうか。
(黄色い声を上げている女性ファンはのぞいて)

「おまえならやってくれるよな」的な「頑張れ!」じゃなくて、「頼むからうまくいってくれ」的な、祈るような応援のような気がします。

女性ファンも憧れを持つ一方で母性本能発動、という感じなのかもしれません。

いままで演じてきたプログラムは情熱的な、ぎらついた肉食系だったのに、中身はイマドキの若者らしいヘタレさが見え隠れしていたところが、身近に感じられるんでしょうか。

私もいつの間にかこの人が心配で、祈るような気持ちになってしまってます(笑)。


今はアニメやドラマのヒーローもかっこよくて気持ちのブレない絶対的な存在ではなくて、見ている人にとって等身大に感じられる悩めるヒーローが流行りだそうで、アスリートもそういう部分のある人が共感を得やすいのかもしれません。
(私はアニメのこうした傾向を歓迎していないのですが、小泉純一郎や石原都知事のような自分にはできない発言ができる人をリーダーにかしづきたがる傾向よりはずっといいと思ってます。)

アニメと違って成長過程でどんなことがあるか、最終的にどんなヒーローになるかは決まっていないわけですから、これを見守りたいのは当然でしょう。


なにやらメダル効果で高橋大輔関連の書籍やCDがよく売れているそうで、あるニュースには「韓流スターと同じで20~30代の女性が多い」とありましたが、少なくとも私は20~30代の韓流ファンにはお目にかかったことがありません。

ステップの時に観客席に近づくと大騒ぎになっていますが、あの女性たちはたぶん30代がほとんどで、せいぜい40代ぐらいでは。
韓流スターのファンはもっと上の世代でしょう。

韓流スターにいれあげて大宮のアリーナや韓国旅行ぐらいなら、日程的にも経済的にも、50代以上の主婦が旦那さんを放置して行きやすかったでしょう。
それよりも下の世代になると子供が小さいからダメ。

高橋大輔を追って日本国内のみならず、海外にも行くことができるのは独身の、時間とお金が自由になる自宅通勤の女性でしょう。


話が逸れましたが、とにかくこの人は熱狂的な女性ファンが多いので、本来なら男性に嫌われてもおかしくないはずですし、私のような硬派?な女性は一歩引いて見てしまいがちです。


でも、年配者や私のようなタイプもどんどんこの人に魅入られていくと思います。

最初は見た目もしゃべりもイマドキの若者だなぁという印象だったのですが、怪我から復帰したら本当に良い顔になりました。

内面が出てくる、というのはこういうことなのかと。

覚悟の決まっている強さ、迷いのなさが表情や演技に出ていて、精神面でくずれそうな危なげな感じがなくなりました。

そしてぐっと色気が出てきました。
女性ファンの方からしたら「ずっと前から色気があるの!」と言われそうですが、種類が違うんですよ。
(この人に中身のともなった人の色気ってこうも違うんだなぁと気づかせてもらいました。)

ジャッジや他の選手、海外のメディアからもかなり高く評価され、愛されているのも伝わってきました。


茶髪やメッシュは年配女性にはウケが良くないでしょうし、さわやかでない髪型のときもあるのですが(だからこれまでは韓流スターのファン層とは違っていたはず)、アスリートとして態度はきっぱりしているし他の選手を貶めることもない。
「本物の○○」とか「俺のスタイルを貫く」なんて言う人とは違ってなかなか好青年です。

ハラハラさせるので女性を「放っておけない」的な気持ちにさせて、男性には嫌われない。

中田や新庄のように別分野に手を出したりしなそうだし、スケートの選手ってモデルやタレントと結婚しそうな感じがないんですよね。

音楽をやっている人(高校からバンド、とかじゃなくて小さい頃から)達とかぶるんですが、男女一緒のところで習ってきて仲が良くて、スポーツだけひたすらやってきた人のように異性に不慣れじゃなさそうな。

プロのスケーターが野球選手並みに稼げるようになったらそうじゃないかもよ、と思われるかもしれませんが、さして恵まれているとは思えない競技の選手だって、よくモデルやタレントとくっついてますから。



何より今期の「eye」も「道」も素晴らしくて、とくに「道」の世界観や雰囲気は他に誰か出せる人がいるだろうか?これから先こんな人が出てくるだろうかと思わせてくれました。

だから本音を言えば4回転を成功させて、これ以上ないぐらいの完成度で金メダルを取ってほしかった、というか取らせてあげたかったです。
(別に上から目線ではないですよ。)

あれだけのことができる人はそうそういないから世界中の人に見てほしいし、今後銅メダルを取る日本選手は出そうだけど、銀メダル以上は高橋大輔くらい表現面も評価されていないと難しいから、そういう人が出るまでにあとどのぐらい待てばいいかと思うと・・・・

もちろんこれは欲目に過ぎなくて、銅メダルは十分立派。

きっと神様が「もっと続けなさい」と言っているのでしょう。

"4回転を成功させて滑りがきれいで表現も達者で観客を魅了する選手"として金メダリストになることを、ファンからも関係者や他の選手からも期待されていたはずで、そんなプレッシャーを思えばこの結果は素晴らしいくらい。

そういう期待にサクッと答えてメイクミラクルしちゃわないところが、この人らしいではないですか。


続けていってアスリートとして危なげない、2枚目キャラになっちゃったらさみしい人、拍子抜けする人もいると思いますが、ガンガンいっちゃっていいですから!

共感できて好感の持てる、無駄にふてぶてしくなくて心の強さが感じられる「オレ流」を、この人に期待しています。

最後に、ファンの方には気に障る部分があったらすいません。


*追記*
ファンの方に怒られるのではと思っていたのですが、たくさんの方に読んでいただいて、たくさんの拍手&拍手コメントをいただいたようです。
拙い長い文章を読んでくださってありがとうございました。

拍手コメントへの返事は拍手ボタンをクリックしないと見られないようです。
いちおうお礼を入れておきましたが、この場でお礼申し上げます。

拍手&コメントいただいて高橋選手が本当にたくさんの方に愛されているのが分かりました。

ちなみにお姉さんがいる人に見えて仕方なかったのですが四人兄弟の末っ子だそうで・・・と思っていたら、お姉さん的存在の方が試合に同行してくれていたという報道を見て納得しました。




スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

【2010/02/23 06:20】 | フィギュアスケート | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。