スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
日本のキム・ヨナ報道の不思議2
シロウト目にもキムヨナ選手のジャンプがちょっとと思うようになった頃、後追いでさかんに「正確なジャンプ」「教科書ジャンプ」と報道されるようになった気がします。

そんな話題になった時にフィギュアスケートにそんなに関心のない人が

「何言ってるんだ。あの選手のジャンプは全部正確で教科書ジャンプといわれているんだ。
知らないのか。TVでやってた。」

と言うのでびびりました。

まぁ、この人は報道されていることはすべて正しいと思うタイプでしょうけど。
おそらく私は「日本の選手のライバルだから日本選手より劣っていると思いたい、単純なヤツ」と思われたんでしょうね。

日本でもキムヨナ選手はかなり評価が高いんだなぁ、好意的に報道されているんだなぁとあらためて実感した瞬間です。

まぁ、そういう報道のされ方は別にいいんですけど・・・

あの世界選手権の前の「試合前の練習で日本選手に故意に妨害された」という発言と報道は、その顛末は許しがたくないですか。

日本のTVでも当然報道されて、過去の金選手の発言やブログに書かれた文章も紹介されていました。

「転べと願った」というのも紹介されましたが、少なくとも私の見た限りは批判的なコメントをする出演者はいなかったです。

あまりTVを見る余裕がなかったせいかもしれませんが、少なくとも私の見た番組では

「日本の選手はそんなことしていないと思う」
「大事な試合の前にこういう発言は控えるべきだ」
「真意・真相を究明するべきだ」

というコメントすらなかったです。

韓国では日本選手を酷評する報道がさかんに行われていたというのに。

補足しておくと、私はTVを見る時間は人よりぐっと少ないと思います。
ただし朝・昼・夕方・夜といろいろな時間のニュースを見ることはできます。
(毎日朝・昼・夕方・夜と見ているわけではないです。)
1日まるまる見られないこともありますし数日ニュースを見る間もないということもしょっちゅうですが。
新聞やネットのニュース記事は時間さえあれば(なかなかないですけど)いつでも見ることができます。

日本のスケート連盟は「選手を守らないのか」という抗議が殺到してから、韓国の連盟に説明を求めました。

返事は予想通り、「本人は日本の選手とは言ってないのに、そういう報道になっちゃった」というもので、日本の連盟は謝罪も求めず注意喚起もせず、でした。

なぁなぁで手打ちをした感じですね。
そんな腰砕けだからなめられるんですよ。

本人が言っていないのなら本人から「誤解です。こういうことになって残念です。」という訂正コメントがあってもいいはずではないですか。

そういう報道をしたメディアは、訂正したのでしょうか?
したのかどうか知らないんですが、もししていたら日本でもそれが報道されているのでは?

これが他の競技だったらもっと日本人も怒っているんではないかと思うんですが、身近な人でこの件で怒っている人っていないんですよね。

それどころか日本の報道は「日本の選手に故意に妨害された」という発言とその報道で日本の選手が傷ついたこと。
韓国の人が日本の選手に対しての怒りをあらわにして、悪意に満ちた動画をアップしたことなどについて、批判することもない。

世界選手権の後など表彰台でのキムヨナ選手の涙がきれいだったとか、エキシビションのリハーサル中のキムヨナ選手から18歳の普通の女の子の表情が見えてとか、笑顔で話しているのをみるとなごむとか、そんなコメントばかり。
私が見た限りでは例の妨害発言に触れたところはなかったです。

最近では連盟に抗議電話を入れて迷惑をかけないようにとか、海外の選手が傷ついたとさえ・・・・

あんまりばかばかしくて腹がたったのでつい仕事の手をとめてブログを更新したくなってしまいました。

スポンサーのからみとか在日韓国人の力で発言を控えているんだ、擁護しているんだという人もいるようですが、そうではないような。

性善説を信じて疑わないのか何か知りませんが、そういうことを世界のトップレベルの選手が言うはずがないとか、競技を離れれば普通の女の子だとか、なんだか甘ったるい考えのような気がします。
大きな国のスター選手ではなくて、かの国で初めて出た世界レベルの選手でそのための苦労があったはず、そういう人を責めにくい。
まだ10代だし批判したらかわいそうだと言われそう・・・ということで遠慮もあるのでしょう。

つーか日本の10代の選手にもかなりひどい報道をしたりプレッシャーをかけたりしてますよ。

あとは韓国と日本がからんだとたんに発生する穏やかではない空気にかかわりたくないというのもあるのでしょう。

そうやってキムヨナ選手を批判する報道がなされないから、いいイメージだけがあるのかもしれません。
そうでなくても他の人は批判しないのに、口火を切りにくいというのもあるのでしょうね。

こうやっていくつか考えられる理由を上げても、「それにしたって・・・」と疑問なんですが。

こうした報道に惑わされないぐらい強くないと結果は出せないのかもしれません。
(浅田選手も安藤選手も村主選手も、本当に気持ちが強いですね。)

でも努力を積み重ねてきている選手を支える人、そこへ割り入って取材をする人が煮え切らない、腰砕け、偏向、デリカシーなしでは選手が可愛そうです。

ルール改正も浅田選手に有利などと報道されてますが、全くそんなことはないでしょう。
ジャッジがどうとでもできるルールになったような気がして心配です。


*追記*
拍手コメントをいただいた方、ありがとうございました。
オリンピックがこういう形で終わり、私も「もやもや」マックスでございます。
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

【2009/04/25 17:10】 | フィギュアスケート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。