スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
下着売り場って
下着売り場に男性がいるのは気分の良いものではないですね。

カップルで来ていて仲良く下着を選んでいても、第三者からしたら知らない男性ですから。
フィッティングルームの前で男性が待ってて、「これど~お?」とか考えられません。
隣のフィッティングルームにいたら落ち着きません。

まだ一緒に選んでいればいいほうで、手持ち無沙汰で突っ立っているのは・・・・
何気に他のお客さんがどんな下着を手に取るか見ているのではという考えがよぎります。

大阪の有名な下着屋のおばちゃんは「うちは男子禁制!」を貫いて、男性客を入れないそうです。
下着を選ぶ場所は女の園だから男性は入ってきちゃいけないと。

「今の女性はつつしみがない」というけれど(じゃあいつの時代の女性がつつしみがあったんだそれを何で知ったんだ、その女性に見合う人間かいアンタは、という突っ込みはここでは置いといて)、下着を用意したり、手入れしたり着けたりを男性に見せないというのは、立派なつつしみの一つだと思います。
そういうところをきちんと守るべきというあのおばちゃんは立派。
でも「男は入っちゃダメ!」とお客さんを怒鳴る女性にそうしたつつしみ深さを見出せないのが男という生き物。

話がそれましたが、よく百貨店とかショッピングモールでやっている女性用下着のバーゲン。
あれ、ひどいんですよ。

場所は男性が普通に前を通るところ。
きれいなレースのついたスリップとか、サイズ表示のついた什器に上下セットの下着とか、腹巻とかが通路に面して並んでるんです。

しかも催事場にいるのは男性スタッフのほうが多いんですから。
タイムセールの呼び込みをやっているのも男性、レジを打つのもたたんで袋に入れてくれるのも男性なんです。
(知ってたらレジに並ばなかったぞ)

そうでないこともあるんでしょうけど、それが嫌で選ぶ気も買う気もなくなって退散、ということが多いので、けっこう高確率でそういう会場があるはず。

「誰もお前の買う下着なんて見てねーよ、見ても喜ばねーよ、自意識過剰だよ」と思われるでしょうけど、別に私が買った下着を見て「へー、○カップか」などと思わず、仕事としてさくさくと作業していたとしても、やっぱり男性が後ろに立っているところで選んで、レジで男性が触れるのは気分の良いものではないんです。

男性は「上下セットでないと許せない、女として終わってる」なんて言いますが、バーゲンでは上下セットはあんまりないです。
その他事情で上下セットに出来ないこともあります。
サニタリー用のセットなんて作られてませんから。

下着はバーゲンではなく、新作が出たら希望のサイズと色柄が出た時にセットで買うのがポリシーです。
高くつきますけど。
(というかそうするしかない・・・)

スポンサーサイト

テーマ:インナー・ランジェリー - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/03/04 23:46】 | 女性 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。