スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
羊水騒動
関西出身アーティストがなぜか標準語を話さず、関西弁のままで「ありのあままの作ってないワタシ」をアピールしながらも作曲は標準語(関西人の言うところの「関東弁」)というのがちょっと気に入らなかった私。
しかもそういうのが何人か出てくるのでおなかいっぱいでした。

関西に住んでたこともあったけれどそういうタレントさんたちのようなベタベタコテコテの関西弁をおばちゃんみたいなノリでガハハっと笑いながら話す若い子って遭遇しなかったです。


先日「羊水が腐る」と発言したアーティストにいたってはどこがエロかっこいいのか理解できず、「みく」なのか「くみ」なのかいまだに分かってない私。
映像を見ないと(もしくは曲がかからないと)綾戸智恵とそのアーティストの区別がつきません。

妹に至っては態度がふてぶてしく感じられて公共の電波に乗せていいのかと思うこともありましたが・・・
(姉のほうはあんまり見たことないので姉と同じようなもんかそうでないかはよく知らないです。)
あれをふてぶてしいと感じてしまうのは文化の違いでしょうか?

話は妹でなく姉のほうに戻って、あの発言は医学的根拠もないそうですが、羊水が腐らなくてもだんだん出産に関わる機能が衰えることは事実ですし、それを理由に出産が早くない人・今現在それなりの年齢で出産を経験していない人を責める風潮は確実にあります。
(実際に私は「畑が悪い」「わがままで母性のカケラもない女ばっかり」というのを耳にしたこともありますし、面と向かって「人として果たすべきことを果たしていない」「人としておかしい。クズだ」と言われたこともあります。)

特に日本では妊娠・出産に関することはすべて女性が悪いと思うような傾向があって、皇室の男性の写真に×印をつけた海外メディアに大きな大きな文化の違いを感じたものです。

出産に関わる器官の元気がなくなるのは白髪が生えたり体力が落ちたり耳が遠くなったりするのと同じ、人間の自然な現象の一つだと思うのですが、世間サマはそうは考えてくれないですよね。

「体が衰える前に出産をするべきなのにそれをしなかった女が悪い」と思っている人が多いのはじゅうじゅう分かってますから。

自分の病気や親の介護で婚期や出産のタイミングを逃してしまった女性も一律で糾弾する傾向はよろしくないですが、「全部女が悪い」と思っている人は実際多くて、それを口に出すか出さないかの違いだと思ってます。
(男性が「女は若いほうが」、女性が「男はお金もってたほうが」と口に出して言うか言わないか、みたいなものでしょう。)

年配の方や男性だけでなく、まだ若くていずれ子供が欲しいと思っている女性が高齢で出産する女性の話を聞けば「私はあんな年になる前に出産したいわ」と思ったりもするでしょう。
三十路になった女性ならそんなふうに思う人がいることは経験上知っています。
自分の通ってきた道ですから。
ようはそれを口に出すか出さないかだって、みんな知ってます。

某アーティストの発言の何が悪かったかといえば、それを口に出してしまったこと。
そしてさらに医学的根拠のないことを軽々しく口にしてしまったこと。
具体的に年齢を挙げて、該当する人を傷つけてしまったこと。

これが「高齢出産になると出産に関わる機能も体力も衰えてくるからその前に」という言い方だったらこんな騒ぎにはならなかったでしょう。

この人が35歳以上で妊娠している女性を見たら、「この人のおなかのなかの羊水は腐ってる。その中に赤ちゃんがいる」と思うんだ、と想像させてしまった。
私は母が35歳以上の時に生まれましたとこの人に言ったら、「うわーくさった羊水の中にいたんだ」と思うだろうと、そういう想像をさせて、該当する人や35歳でこれから出産を望んでいる人を傷つけてしまったのが大失敗でしたね。

でも、この発言が騒ぎにならなかったら彼女のファンである若い世代がそういう偏見を持ってしまったでしょう。
そのアーティストがどこからそんな情報を仕入れたのか分かりませんが、若い子たちが
「35過ぎると羊水が腐るんだってよ、倖田來未が言ってた」
なんて言うようなことにならなくて良かったと、心から思います。

そういう影響力があるんですから発言には気をつけていただきたいのですが、「ネットで調べたら羊水が腐るという事実はないみたいでごめんなさい」ですって!?
医学書とは言いませんが婦人実用書くらいは読んでから謝罪会見していただきたかったです。

そうでないとまた同じような失敗しますよ・・・・・・・・・

こう言ってはとても失礼ではありますが、そこまでのラベルだったとは・・・・・


男性だって「○歳になったらタネが腐る。○歳までに子供作っとけ。○歳過ぎたら子供作るな」なんていわれたら気分悪いと思うんですよね。

ちなみに私の知人でも今年40歳を前に待望のお子さんを授かった方がいます。

若い人が育てる準備も心構えもできてないのに何も考えずに子供作って妊娠・出産しちゃうよりは、環境が整っていて真剣に子供を望んでいる30代の女性の出産のほうが、よほど出産や子育てに適していると思います。
妊娠中もタバコやアルコールをガマンできなかったり、「ダイエット」と称してまともな栄養を取らない妊婦さんになってしまうなら、そのあたりの分別がついてから出産してほしいし、そうなるのが30歳過ぎてしまうならそのほうがいいじゃないかと。

若い体から生まれた子供のほうが健康で幸せだなんて限らないんですから。


※姉と妹が逆だったようなので訂正しました。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/02/08 03:14】 | 女性 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。