スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マザコンと女性蔑視
柳澤伯夫厚生労働大臣の発言がまだ鎮火しないまま自民党は選挙で沈下し、今度は管直人の「子どもを産む生産性が低い」発言やら石原都知事の過去の女性蔑視発言やらに飛び火している。

もともと柳澤某も「女性は産む機械」と発言したわけではなくて機械に例えたのがまずかったのに、どのニュースにも「女性は産む機械」「産む機械」という見出しが躍っていた。
先日の記事にいただいたコメントにもあったが「産む機械」というところだけセンセーショナルに報道・議論されていて、この発言をした人が今までどんなことをしてきたか、今現在・これから厚生労働大臣にとどまって何をどうしていくつもりの人なのかはほとんど議論されない。

野党が安倍内閣たたきに利用しているだけだなんて、結局少子化対策も女性の人権もあの人たちにはどうでもいいということなんでしょう。

で、たたく側の管直人はかつて小泉内閣を攻撃するために「私も年金未納してました」とぶちまけてお詫び行脚というパフォーマンスまでしたのに、今ではTVで他の議員に「あなたのとこの○○さんは年金未納してたんですからあなたも大きな口をたたかないほうがいい」と言っていた。
言われた議員も呆れてすぐには言葉が出なかったようで、少し遅れて「なに言ってるんだあなたも未納だったじゃないか」と憤慨していた。

お遍路さんをしていたのはパフォーマンスでしかなく、反省なんか全くしていない、小泉たたきのためでしかなかったということをこんなに分かりやすく露呈してくれていいのだろうか・・・・。

で、この人は県知事選の演説で愛知まで行って
「愛知も東京も経済がいい。生産性が高いといわれるが、ある生産性は、一、二を争うぐらい低い。子どもを産む生産性が最も低い」
と言ったとかで攻撃されている。
選挙の盛り上げをするべき立場なのに、なぜわざわざ出向いてそんな発言をしたのかわからない。
生産性が低いからどうしていこうという施策を話す前フリならまだ許すとして、自分の住んでいる土地をそんなふうにけなされて喜ぶ人がいるだろうか。
だいいち「生産性が低いのは愛知県民と東京都民が悪い」と言っているようなもので自分たちの力不足とは微塵も思っていないことがアリアリで不愉快だ。

で、擁護までしているのになぜかそれほど取りざたされない石原慎太郎。
(なぜかというか4月に都知事選があるのだが)
「過去に女性蔑視発言をした石原都知事」と前フリがあるくらいで、かつて女性週刊誌で「女性が生殖能力を失っても生きているのは無駄で罪」とまで発言した、というのがようやく出てきたくらいだ。

ちょっと待ってくれ。
生殖能力を失った女性がそれがために人に迷惑をかけることはそんなにないと思うが(こういう発言する人からしたら年金もらうのが迷惑と思ってるかもしれないけど)、生殖能力がまだある男性の性犯罪のほうがはるかに罪深いと思うぞ。

こういう発言をする人たちは自分の母親が「生殖能力がもうないから社会のお荷物。生きていることは罪」と言われても仕方がない、と思うんだろうか。
身内で子供はいないけどやさしいおばさんとかはいなかったんだろうか。
自分の娘や姉妹が子供を産めないような病気になってしまったら「機械の台数が減った」と言えるんだろうか。

以前強姦事件を「そのぐらい元気がある」と評してたたかれた人がいたが、あれも自分の娘が被害にあったら絶対言えない言葉だと思う。
議員センセイたちは女性が言葉や暴力で傷つくことは他人事としか思えないらしい。

うがった見方かもしれないけど女性蔑視の男性は女性といい関係が築けていない人が多いような気がする。
知っている範囲で極端な例では離婚寸前だったり独身だったりするが、母親の愛情を感じてこなかったのかもしれない・・・
というか母親との関係も崩壊し、奥さんとの生活も崩壊した人を知っている。
単に父親が亭主関白なだけでは「無駄で罪」だとかそういう発言は出てこないような気がする。

私も「子供産まないなんて人間としておかしい」と面と向かって言われたことがある。
(まだ産まないと決まったわけではないのに・・)
その人はすでに子供を残す役目を果たして家庭円満な自分はエライ的な発言をしていたが、奥さんや子供さんが幸せかどうか、私は知らない。
少なくとも私だったら外でこういう発言をしている旦那や父親は尊敬できないし、恥だと思うだろう。

海外のことはよく知らないが、日本の男性の多くがマザコンであることは確かだと思う。
宗教的な教えで「母親を大切に」という国もあるようだが、日本はそうではない。
大切にする・敬うマザコンではなく「求める(求め続ける)」マザコンだ。

何をしても許してくれる母親的な存在を求めるけれども尊重し労わろうとはしない。
自分を産んで育ててくれた母親への感謝が少しでもあったらああした発言は出てこないはずだ。

自分を産んでくれた母親に感謝しているから・自分の子供を産んでくれた奥さんに感謝しているからこそ産まない女性を責める、ということではないような気がする。

前後の発言を知らないと曲解されて伝わることがあるからこれでも少し控えめに書いたつもりなのだが、管&石原発言に関しては先に挙げたフレーズだけでかなりNGだと思う。

で、提案なんですが・・・

・年金の未納問題みたいに議員の先生方には検査を受けていただいて、「私は子種がありませんでした。年金制度を支える子供を1人も作れず申し訳ありません。責任を取って現在の職を辞します。」
とか
「数回にわたって採取・検査をいたしましたが残念ながらもう不可能である可能性が高いとのことです。よって私の存在はもはや罪であり無駄ですので・・・・」
とかやってほしい。
「おまえだって未納じゃないか!」ではなく「おまえだって~~~じゃないか!」と言ってほしい。

↑男性の皆さん、これ読んで腹が立ちませんか?

それからもう一つ。

・今度できる議員宿舎は公団にして若い夫婦に入居してもらう。
もちろん家賃は破格値。
ホワイトカラーエグゼンプションが導入されても入居者は対象外とする。
数人の子供に必要な養育費と十分な広さが確保できたらどのぐらいの出生率になるかを見守り、今後の少子化対策に役立てる。

議員センセイ方この2つ、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
【2007/02/09 02:18】 | ご政道批判 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。