スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
自分の年を考えなさい
何かとお世話になっているご夫婦がいる。
とても世話好きな方々でお見合いカップルも何組も成立させているから、仲人の経験もハンパじゃない。

そんなご夫婦が頭を抱えてしまったのは、知人の40歳になる息子さんである。
なんでも「僕は20歳くらいの子じゃなきゃイヤだ」と言ってきかなかったらしいのだ。

40歳の男性はどうかと言われて喜んでお見合いをする20歳前後の女性も、お見合いをさせる親もいないからお話にならない。

2.3年たって「今頃は25歳くらいにはハードルを上げてくれたかもしれないけど、それにしても難しいのよねぇ」とため息をついていた。

私が思うにおそらくその男性は今でも「20歳くらいじゃないとイヤだ」と言っているはずだ。
そういう男性は自分の年齢なんか考えないからである。

実際私の知り合いの40代の男性でも、「俺はハタチくらいの子のほうが気が合う」としゃあしゃあと言ってのける。

冗談でそう言う男性もいるが、この人たちは本気である。

このテの男性たちの行動範囲にいる20歳くらいの女性はおそらく勤務先のバイトの子か、キャバクラのおねえちゃんくらいなんだろう。
週に1回とか、せいぜい3回くらいしか来ないバイトの女の子なら多少感じの悪いオッサンでも愛想よくすることもできるんだと思う。
キャバクラのおねーちゃんたちなら話を聞いているふりくらいお手のものだろう(本当に20歳前後かは別として)。

ところが20歳以上の常勤の社員の子たちは自分を相手にもしてくれないし、尊敬しているふりすらしてくれない。
相手にもされず尊敬もされないほうに問題があるわけで、本人もそれは自覚しているのに「20歳以上の女は可愛くないから、俺のほうから相手にしない」と都合よく脳内変換してしまう。
まぁそうしないとなかなか受け止めがたい現実ですからね。

「生身の女性はダメなんです」と言っている男性が、それ以前に生身の女性に相手にされないのと同じ理屈だ。

かくして同世代の女性に精神年齢が追いつくように努力もせず、若い女性なら自分の言うことを聞くと勘違いしているおっさんドリーマーができあがる。

なにやら男性より女性が10歳以上若い夫婦は日本には1割しかいないらしい。
そのうちどのぐらいの割合の男性が高所得かを考えれば、いかに狭き門か分かりそうなものだ。

40代の独身男性で「俺は金はあるよ」と言う人もいたけれど、実際は同年代の妻子持ちと比べて自由になるお金と貯蓄額が多いだけで、所得自体は変わらなかったりする。

先日も50代の男性が言っていた。
自分に気がある40代の女性に「惚れる相手を間違っている」といつも言っているのだと言う。
あなたにはもっとふさわしい相手がいるとか、自分なんか女性を幸せにできる男じゃないからという理屈かと思っていたら「30代の女性と付き合いたいんですから」ときた。
(本当は30歳までだと思うが、私に遠慮して高めに言っているんだと思う。)

TVでは61歳のおすぎが38歳まで(の男性)がストライクゾーンだと言っていた。

そうは言っていてもこの男性たちもいざそれなりに様子のいい20代後半~30代の女性にやさしくされたら、意外に有頂天になるものだ。
有頂天にならない時はよほど好みに合わなかったのだと思う。
「生身の女性は・・・」と言っているような男性も免疫がないから、やさしくされるとすぐに勘違いする。
意外とほれっぽかったりするし、自分の理想の女性だと偶像化するのも得意だ。
中・高で話もできなかった(偶像化していて崩れる機会がなかった)女の子がいまだに好きだったりする。

いろいろ書いたが、年の離れたカップルがありえないと思っているわけではない。
以前13歳上の男性と付き合っていたが、まともに恋愛なり結婚なりしている男性にはかなり不思議がられていろいろおもしろおかしく言われたものである。
たまたま縁があって出会い、気が合って、私が実際の年齢より老成していたから2人にとっては違和感がなかったのだが。

女性の妄想というか夢というか、年下のかわいい男の子が自分に惚れてくれるなんてドラマが作られるくらいだから、女性もそういう願望はあるのだと思う。
でも絶対女性のほうが現実を見ていると思う。
スポンサーサイト

テーマ:年の差恋愛 - ジャンル:恋愛

【2006/09/04 04:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。