スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ライバル達がいてこその金メダル
徹夜してそのままTVで観戦した甲斐がありました。

荒川静香選手が金メダル!

国内外でスルツカヤが金、荒川選手は銅メダルが取れるかという予想が多かったみたいですが、それをくつがえす結果となりました。

素人ながら他のメダル候補の選手より高難度のジャンプをこなせる荒川さんが金をとる可能性ありと思ってましたが、ジャッジはスルツカヤ寄りなんだろうし決して本番に強い人ではないみたいだし・・・・やっぱり銀か銅か?と思ってましたよ。

でもフリーの採点はきっちりこの人はこの人より上・この人よりこの人は低い点数にしよう、という意図が感じられました。
(どの人も素晴らしいと「他の人の採点で結果的に順位が決まればいいわよね~」となるんでしょうけれど)

表彰台に上がった選手たちが3回転-3回転をやっていない・失敗したかしないかで順位が決まったという声もあるようですが、優雅さや美しさ、新鮮な驚きなどの点で荒川さんは誰よりも素晴らしかったと思います。

それにしても大舞台で納得のいく演技を終えた荒川さん。
今まででいちばんキレイでしたね。

でも、今回の金メダルは日本の出場候補の選手たちみんながいたからこそのものだと思います。
スルツカヤ、コーエン選手は国内では押しも押されもせぬエース。

日本は候補に挙げられた選手のうち誰が出てもおかしくない大混戦。
オリンピック出場を賭けた戦いで心のコントロールをすでに経験していたのだと思います。

それに国内の誰には負けたくない・自分より若い選手には負けたくないという気持ちはあっても、スルツカヤに負けたくないとか、コーエンに負けたくないという気負いはなかった。
そこが他のメダル候補と違った点だと思います。

荒川さん、村主さんへのスタンディングオベーションと金メダルは、ご本人の才能と努力の賜物であることは間違いありませんが、他の選手の存在もあってこそのものと言って良いのではないでしょうか。

それにしても日本のメディアの恥ずかしいところは、直前まで安藤、安藤、安藤・・・・だったこと。
「4回転で金メダルを目指す!」とか、3人一緒なのに「安藤公開練習」とか。
直前になって冷静に「いちばんメダルに近いのは荒川」と言い出しましたが、それまでは安藤、安藤、安藤でしたよね?
海外のメディアのほうが冷静で正確な予想をしてたんですねぇ。
恥ずかしい。

それに、「浅田真央をトリノに出せ!」と言ってた人たちはどこに行ったんでしょう。
「浅田真央なら金が獲れるのに、代表に決まった選手じゃメダルは獲れない」なんて声も多かったですよね。

それはさておき、個人的にうれしいのは荒川さんや村主さん、スルツカヤなど、ベテラン選手が活躍してくれたこと。
(ベテランといっても十分若いんですけど)
ここ2回のオリンピックも日本国内の現状も、若くて才能あふれる選手
の勢いにベテランが押され気味・・・

今は技術が高く経験豊富なベテランは人件費がかかるから、若くて体力のある若いモンをこき使おう、という風潮ですから、年配の人に自信をなくしてほしくないんです。

在籍年数だけ長くて仕事の能力はちょっと・・部下の管理能力も0で人間的にもアレだし、というのならわかるんですけど、それなりに実績や能力のある人は大切にして、後進を育てましょうよ。

代表争いもそんなことを考えながら見ていました。

スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

【2006/02/26 03:13】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。